不登校不安定期とその対応

不登校というのは、様々な問題が重なり合って本人のキャパシティーをオーバーした時に起こります。子どもも学校には行かなければいけないのはわかっています。それでも行けないほどいろいろな問題が重なって、休むという選択をせざるを得なかった状態なのです。ですから、ストレスフルで精神状態も不安定です。この時期に無理な登校刺激をすると拒否反応が親子の関係にまで影響します。
今まで言ったこともないような「うるさい、ババア!」「お前のせいだ!」など の表現が出たりします。エンカレッジでは学校を休み始めて1、2週間~1ヵ月を不登校不安定期と呼んでいます。

不登校不安定期には、無理な登校刺激や原因の追究を極力避け、本人の精神的な安定に努めます。
この時期はスクールカウンセラーや臨床心理士のよく言う「待ちましょう」という対応が必要
です。しかし、「何でも受け入れてあげましょう」というのは子ども上位や退行のリスクがあるので、精神的な安定のためには必要かもしれませんが、必要最低限の受け入れで抑えるようにしていきましょう。不登校不安定期は早い子で1週間、遅い子でも1ヵ月ほどで落ち着いてきます。精神的には安定してきて眠れるようになり、食欲も出て、頭痛、腹痛などの身体症状や、暴れたり暴言を吐いたりすることもなくなってきます。不登校不安定期を抜けると次は不登校膠着期に入ります。

不登校膠着期の対応とは

子どもたちの「学校に行きたい」という気持ちに応えるために全国を奔走中。ご相談お問い合わせは、お電話またはご相談フォームよりお気軽にどうぞ。

ご相談のお電話:03-5530-8990 ご相談フォーム

page top